埼玉県の国営武蔵丘陵森林公園で早春散策【2017年春】

桜の季節はまだ、1、2週先 梅はほぼ終わり。

さて、次は何を見に行こうかと悩んでいたところ、「国営武蔵丘陵森林公園」早咲きのチューリップがあるとのことで、さっそく行ってきました。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

国営武蔵丘陵森林公園

国営武蔵丘陵森林公園とは、東京ドームが65個分のサイズの広大な公園です。

広いサイクリングコースがあり、1周17キロもあります。

たくさんの芝生もあり、芝生の上で憧れのバトミントンなども楽しめるようです。

(いつも公園に手ぶらで行くので、遊具やシートを毎回持ってこればよかったと後悔(>_<))

今回は、早春フェスタでチューリップが咲いているとの情報のみで来たので、この辺の情報は来てから知りました。

梅、福寿草をはじめ、原種シクラメンやスノードロップなどが次々と開花します。小さな早咲きチューリップ畑やクロッカスも新登場!植物園エリアの散策マップを手に取って春を探しに行ってみませんか。期間中は『早春の草花展』や『秘蔵の椿コレクション』などの展示、梅の枝プレゼントやハッピースプリングパークなど楽しい…

敷地内はものすごく広く、徒歩は無謀でした。閉園まで時間も2時間半しかないし。。。

思ったより道が混んでたんですよね。

散策

入口の噴水です。

時期が中途半端なので、結構空いています。

何の木か分からないですが、ちょっと咲いていました。

ほんとに広いです。

サイクリングコース

結構な数の人がサイクリングを楽しんでいます。

そういえば、妻が自転車に乗っている姿を見たことがありません。

原付免許があるので、乗れるとは思うのですが。。。

「早春の花散策コース」

お目当ての「早春の花散策コース」

今年から始まった「クロッカス」です。

4万株が植えられており、小さいですが、ちょうど満開でした。  

自分は初めて見る花でした。

ところどころにある木の人形です。

マスコットのようですね。

まだウッドクラフトは本格的には始めていませんが、小さいものなら作れないかな?

ちょっと迷子になりつつ、目的近くまで来ました。 

見つけました。

早咲チューリップです。

10,000球とのことですが、びっしり植えられているせいか、そんなに広くはないです。

見た感覚では、7,8割咲いているようで見応えがありますね。

冷凍処理した球根を植えることで早く咲くとのことです。

植物に厳しいですね(>_<)

コンテスト

ボタニカルショップでコンテストを開催しているようで、たくさんの花がディスプレイしてあります。

んー。

花粉が怖い。。。

ハーブガーデン

ハーブガーデンです。

時期がずれているため、あまり咲いていません。

園内バス

ここで徒歩をあきらめました。

一人210円で園内バスが走っているので、それに頼って、南側の桜を見に行きます。

もしかすると「ヒガン桜」が咲いているかも??

残念ながらここで時間オーバー。閉園まで1時間を切りました。

中央口から入ったため、おそらく南に行くと戻ってこれません。

今日はここまで。 

最後に

この公園は広いです。

徒歩で2時間程度という予定は無謀過ぎました。

当日の朝20分で見つけた場所だから仕方ない。。。

色々物を用意して、5,6時間ぐらいいるつもりでこれば楽しめそうです。

初夏とか暑くなる直前、いいかもですね。

今度はもっと早くに来ます。

ただ、車は帰りがものすごく渋滞。

電車でくると途中からバスなので、荷物がたくさんある場合は無理ですねー。

今度また来る候補にします。

桜、初夏、秋などはものすごく混みそうですね。

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする