新喜劇をみてきました

2017年9月30日の東京グランド花月で吉本新喜劇を見てきました。

吉本新喜劇で初の女性座長 かつ、最年少の「酒井藍」さんの東京お披露目公演の初日です。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

東京グランド花月

吉本新喜劇は、大阪の「なんばグランド花月」、「うめだ花月」、京都の「祇園花月」で常設で寄席を行っています。

東京では、「東京グランド花月」という名前で不定期に、新喜劇を公演しており、今回は、有楽町の東京国際フォーラムホールで開催でした。

自分たちは「すっちー座長」が大好きで、いつか大阪の「なんばグランド花月」でみたいと妻と話していたのですが、中々機会がなく。。。

今回、藍ちゃんの東京お披露目公演ですっちーも来るということだったのですぐに申し込みました。

まさかの3階席でしたが。。。。

吉本新喜劇の座長

吉本新喜劇の座長さんは、現在、6名です。

すっちー(須知 裕雅・すち ひろまさ)

辻本茂雄(つじもと しげお)

川畑泰史(かわばた やすし)

内場勝則(うちば かつのり)

小籔千豊(こやぶ かずとよ

酒井藍(さかい あい)

座長とは、新喜劇を公演するグループの取りまとめをしている人です。

6人なので、今は6グループ体制になったということです。

グループ毎にメンバー構成が少し異なり、また、それぞれの座長の特色が反映されます。
そのため、同じ団員でも、別な座長さんの時はネタが若干変わります。

※分かりやすいのは、「吉田裕」さんの「乳首ドリル」のネタですね。
このネタは、吉田さんとすっちー座長が揃わないとまともにできないので、他の座長の時は
全くしないか、するふりだけかになりますね。

たまに複数の座長さんが合同で公演をするときもありますが、基本的には、1公演1座長が多いと思います。

非常に大変な役目だと思いますが、藍ちゃんはすっちー座長と一緒に公演しているみたいですね。

藍ちゃん就任公演

新喜劇を見るのは2回目です。

1回目は去年、小藪座長のときでした。

今回は、会場も大きく、東京国際フォーラム ホールCです。

3階席まであり、1500名が満席でした。しかも30日は3公演あり、3公演とも満席だったそうです。

漫才・コントのメンバーも豪華で大変面白かったです。全員初めて生で見ました。

  • オール阪神・巨人
  • 西川のりお・上方よしお
  • 陣内智則
  • 南海キャンディーズ
  • ウーマンラッシュアワー
  • 銀シャリ
  • 横澤夏子

しかし、かなり漫才・コントの部分が長くて少々疲れてしまいました。

新喜劇でのおなじみのセットは漫才・コントではまだ無く、緞帳が閉まった後に突貫工事をしていました。電動ドリルの音が聞こえたのは面白かったですね。

そして新喜劇が始まりましたが、基本的にはすっちー座長の流れですね。3階席だったので飴が飛んでこず残念。。。

今回は、おみやげやさんで事前に購入しました(^^)/

やはり、新喜劇はおもしろいですね。ちょっと短いですが。。。

最後に

ここでも、やはり観客のマナーが気になりましたね。

新喜劇の熱心なファンの方みたいなのですが、途中、普通にスマホを使ってメールなどをチェックするので、気になってしまいます。。。

電波が受信しないようにしてほしいですね。。。

次回は、池袋のサンシャイン劇場で行うようです。

よしもと100年の歴史に裏付けられた看板寄席『グランド花月』が定期開催決定。 漫才・落語・コント・吉本新喜劇。大御所から人気の若手が総出演。 吉本の全てを詰め合わせた『東京グランド花月』をお楽しみください。

2018年3月8日からです。

池袋なら平日でも行ける距離なので、今度は前の席が取れるといいです。

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする