こごめもちのお雑煮

正月は実家の福井でお雑煮を食べました。

自分は「こごめ餅」派なのですが、妻に聞くと「こごめ餅」は知らない。

とのことです。

なんとローカルな餅なのですね。。。知らなかった。。。

ちなみに下の写真のぶつぶつしたのがもち米ではなく、お米です。

(こごめもち(冷凍))

スポンサーリンク
レクタングル大広告

こごめもち

こごめ餅とは全部もち米の餅とは異なり、「もち米」+「普通のお米」の餅です。

もち米:米 比率 7:3 または、8:2

もち米の中にお米が入ることによって、餅特有の伸びが弱くなり、簡単に噛み切ることが出来る餅になります。福井ではごくごく普通に食べられています。

自分は、普通の餅より、こごめ餅のほうが好きですね。
福井県民が全員こごめ餅が好きというわけではなく、餅のほうが好きな人もたくさんいます。

よくお年寄りが餅をのどに詰まらせているニュースがありますが、これだと噛み切れるので詰まらせにくくなるのでは?と思いますが、どうなんでしょうか。。

ネットで見るとやはり主に福井あたりで食べられている餅のようです。

両親に聞いてみると滋賀でも食べられているそうなので、どの辺のあたりで食べられているかよくわかりませんが。。。

いつも実家で餅とこごめ餅の両方を作っているので、今まで餅を買ったことがなく、今の今まで分かりませんでした。

具入り? 具なし?

雑煮の具はあり?なし?

これは地域よりも家庭によって違うかもしれません。

自分の家の雑煮は具なしです。

餅と汁と鰹節で食べます。

妻は福島ですが、具ありの雑煮だそうです。

餅は見せませんが(^◇^)、作ってくれた具入りの雑煮です。

これはこれでおいしいのですが、具でおなかが膨れて、あまり餅を食べられないですね。

最後に

東北と北陸だけでも文化の違いが色々ありますことが分かります。

自分たちは本州の真ん中あたり(西は大阪、東は宮城県まで)あたりが主な行動範囲。

メインは東京です。

この中でも色々な文化があるのですから、いつか今までほとんど行っていないところにも行ってみたいですね。

東京住まいもお互いに長くなってきたので、基本的にはローカル色は他人には見せない生活をしています。後々は継いで行きたい文化だとは思いますが、未だに何が方言 または、ローカルルールか分かっていないところがあり、妻に確認しながらになります。(>_<)

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする