献血に行ってきました。

献血に行ってきました。

今回もいつもの「献血ルーム 池袋ぶらっと」です。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

献血

「献血センター ぶらっと」は池袋の五差路近くの3階にあります。

結構眺めが非常によいです。いつもは1時間以上の待ちなのですが、今日は空いており、ほぼ並ばずにできました。

センターの名前が英語のbloodのぶらっどに似ているので、以前福井の献血センター「いぶき」に行ったとき、看護婦さんに驚かれました。

「ほんとにこんなセンターあるの?」

と。。。

献血センター

献血センターは段々、進化しています。

昔は紙の台帳でしたが、10年ぐらいまえかな?

パソコンに登録され、どのセンターからでも履歴を見ることが出来るようになりました。

最近は指紋登録してあるので、パスワードも不要です。

メール会員

メール会員になっているとポイントによってものと交換ができます。

今日はポイント20Pでメモ帳と手帳をもらってきました。

手帳は2種類ですが、リバーシブルなので、裏返せばおなじになります。

本当はカレンダーが欲しかったのですが、在庫切れなのか、ありませんでした。

残念。。。

献血人口の現象

献血人口は年々、下がっているそうです。

また、輸血の血液の8割を高齢者が使うのですが、少子化の為、年金同様に若者の負担が増えているそうです。

なので、2027年には85万人分の献血が不足するというデータがあるそうです。

また、海外ではアンチエイジングのために、若者の血液を輸血するお金持ちがいたり、また臨床実験が行われていたりしているそうです。。。

輸血するにも大金が必要な時代になるのかもですね。

いまは400ミリで1万円ぐらいで病院に卸しているそうです。

成分献血

男性は年3回までしか献血できません。

しかし成分献血も混ぜると年7回、可能になります。

(成分献血とは、血液から血小板だけを抽出して、残りは体に戻す献血です。)

新規の献血人口が減っているので、既存の献血人口の回数をあげる作戦なのか赤十字も大変ですね。。。

なぜ始めたのか?

自分は以前はヘビースモーカーでした。

もうやめて5年ぐらいたちましたが。。。

あるときネットだったかな?

男性は女性と違い、血の入れ替えの間隔が長いそうです。なので中々新しく作られないらしい。

献血すると血が定期的に新しく作られるので、健康に良いそうです。

献血を初めてしたのは、高校3年の時ですが、定期的に献血をすることにしました。

そして、タバコもやめました。

最後に

今回でやっと14回目。妻は17回目。中々追い付けない。。。

献血はある一定の回数を行うと記念品がもらえます。

10回目、30回目、50回目、50回毎

と段々、達成が難しくなってきます。

目標30回目までもうすぐ半分。

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする