ASUS ZenPad S 8.0が最新のファームウェアに自動更新されない??

長年愛用しているASUSのZenPad S 8.0(Z580CA)ですが、類似型番のZenPad 8.0(Z380M)の海外版のAndroid 7.0アップデートのニュースがありました。

ASUS は 5 月 3 日、ZenPad の 8 インチモデル「Z380M」で Android 7.0 Nougat

そろそろ国内版もアップするかな?と思い、バージョンを確認してみると、

なんとAndroid5のまま??

スポンサーリンク
レクタングル大広告

Zenpad S 8.0

ZenPad S 8.0とは、ASUSから2015年9月ごろに発売した2Kのアンドロイドタブレットです。

もう数年使っていますが、Androidのバージョンは5のまま。

アップデートしてないのか?と思っていたのですが、なんと2016年9月にAndroid 6.0 Marshmallowへのアップデート用の更新プログラムが公開されていました。。。

全く気づきませんでした。。。

なぜ自動更新してないのでしょうか?最後にアップデートしたのは、2016年の7月ごろのようです。

手動アップデート

原因は分かりませんが、このままにしておくわけにもいかず、手動アップデートをすることに。

アップデートファイルはASUSの公式サイトにあります。

上品な輝きを放つメタリックフレームと、背面カバーには美しさと強さを兼ね備える本革を彷彿させるエンボス加工。360度どこから見ても美しい、洗練された軽量スリムボディ。

もう大分バージョンが変わっていますね。

最新版をダウンロードすればいいのかと思いますが、バージョン JP_4.7.2.0⇒バージョン JP_V5.5.0.0と1つ飛ばしてのアップデート。

大丈夫かな?

アップデートの注意点

android6.0にアップすると以下の問題があるそうです。

  • マルチユーザは新規に使用できなくなりますが、すでに作成済みのマルチユーザは引き続き使用可能。
  • 外部ストレージ(microSDカード)にアプリを移動できなくなる。
  • ASUS製のアプリの一部が使用できなくなる。

特に問題ないですね。

データも基本的にはクラウドにアップ済みで、すぐに復元可能なデータしかない為、いざアップデートを開始します。

アップデートの準備

ASUSの上記のサイトで最新のファームウェアの「グローバル」のリンクをクリックすると、ダウンロードが始まります。

最新版のバージョンJP_V5.5.0.0をダウンロードしました。(WWではなく、JPのファイルをダウンロードすること。自分はWWをダウンロードしてしまいましたが、間違えてもアップデートできないだけです。)

1.4Gと結構大きめですが、そんなに時間はかかりません。

このファイルをmicroSDカードのルートディレクトリ(一番上の階層)に保存して、再起動すると「更新可能なファイルを見つけました」の通知が表示されます。

アップデートの実施

タップしてアップデートを実施します。

大体、5~10分で再起動しますが、再起動後のアップデートに20分ほどかかります。

トータル30分ほどでした。

アップデート結果

無事にAndroid6.0.1にアップしました。

いくつかSDカードに移動してしまっており、起動できないアプリがいましたが、再インストールで復旧。

最初画面が安定せず、画面ロックが解除できませんでしたが、しばらくしたら安定しました。

少し画面が暗くなりましたが、動きが若干きびきびしている印象です。

最後に

ちなみにこれが最新のZenpad 3S 8.0です。

今のは少し黄ばんできたのであたらしいのもいいですね。

今回、自動更新できない理由は分かりませんが、自動更新できたので良しとします。

国産の富士通、ソニーなどのキャリアのスマートフォンは中々OSのアップデートがされないイメージがありますが、きちんとアップデートが配信されて、もうすぐandroid7.0も配信されるのはいいですね。
やはり古いとアプリとか動かなくなりますしね。

そうなるとやはりアップルはすごいですね。

かなり古いものでもIOSの最新版が配信されていますから。

(さすがに全機種には配信されていませんが。。。)

2017年6月にAppleのWorldwide Developers Conference(WWDC)が開催されます。

ここで最新のアップル製品が発表される予定ですが、そろそろApple製品もいいかなーと思うこの頃です。(^^)/

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする