MicrosoftのUniversal Mobile Keyboard「P2Z-00023」を購入しました。

ブログの更新用にMicrosoftのキーボード「P2Z-00023」を購入しました。

 

スポンサーリンク
レクタングル大広告

ブログの更新

ブログの更新には、基本的にはSurface3 proを使用しています。

ただ、キーボードカバーも合わせると1kg以上になって結構重たいです。

なので持ち歩くのはちょっと不便。

ならばもっと軽いMacBook(0.92kg)とかが欲しいのですが、ちょっと余裕がなく購入することが出来ません。

ブログの更新自体は、ブラウザがあれば出来るので、タブレットでブログを書こうとbluetoothのキーボードを探して、たどり着いたのが、

MicrosoftのUniversal Mobile Keyboard「P2Z-00023」

です。

P2Z-00023

モバイルのキーボードとしては中ぐらいの重さの365グラム。決して軽くはありません。

ただ、このキーボードはカバーが付いているので、持ち運び安い点とそのカバーにタブレット、スマートフォンを立てることが出来るのがポイントでした。

これなら今あるタブレットと合わせても700~800グラム。

小さい鞄でも持ち運べます。

使った感想

いいところ

使った感想は本体がずっしりしているので、安定して使用できます。

少し小さいですが、しっかりキーを打つことが出来ます。

自分はiphone,ipadは持っていないので、試せませんが、Androidはおおむね良好に使えます。

windows10でも問題なく使用できます。

Bluttoothのキーボードってチャタリング(タイプした文字が連続して入力されること。)が良く発生していましたが、このキーボードは全く発生しません。

また、カバー部分には、スマートフォンやタブレットを立てることが出来るのですが、磁石で本体とついているので脱着可能です。

良くないところ

キー配列とショートカットが異なります。

ショートカットは日本語と半角の切り替えキーがないので、androidでは、Fn+スペースキーとなります。

ショートカットが異なるのはまだ慣れるのですが、キー配列の括弧の位置が異なるのは、かなり苦労しました。(>_<)

最後に

感想としては、モバイル用のBlutoothキーボードを探しているのならば、これは買いです。

キーボードに蓋が出来るので、誤操作もありませんし、蓋の部分にタブレットやスマホをセットすることが出来ます。

今回はこのキーボードとタブレットを使用して、図書館でこの記事を書いています。

画面が小さいのとandroidで書いているので、細かいところはやり難いですが、文字を打つことだけならば不都合ないです。

これからは、これらも使ってあちこちで記事を書いていきます。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする