カーネーションの増やし方(4年目の春)

我が家には4年目のカーネーション(グランルージュ)が1鉢あります。

毎年頑張って咲いてくれています。

残念ながら今年は1輪のみでしたが、母の日に1か月間、咲き続けてくれました(^^)/

スポンサーリンク
レクタングル大広告

カーネーション

2014年の5月の母の日に妻に植木鉢のカーネーションをプレゼントしました。

2014年の5月、母の日のカーネーションは大量生産で無理に育てているみたいで、非常に弱いそうです。

家に到着後、3日後に真ん中から割れてしまい、倒れてしまいました。。。

急いで植木鉢を交換、紐でくるんで割れないようにしました。

※同じものを自分と妻の母にも送ったのですが、全部おなじだったようです。

その後、みるみる内に枯れていったのですが、我が家のは奇跡的に回復。

2か月後の7月に季節外れの花を咲かしてくれました。

しかし、多年草とはいえ、何年ももちません。

もしこれが枯れてしまうと妻が悲しむので、何とか増やそうと調べてみました。

さし芽

カーネーションは「わき芽」と呼ばれる若い芽を切り取り、植物活力素(成長剤)に1晩付けるという水揚げ後に植えると1か月ぐらいで根が出てきて、増やすことができるそうです。

時期は4~6月と9月~10月です。

植物活力素

自分はメネデールを使ってみました。

1回目のさし芽

2015年にさっそく試してみました。

しかし、自分が出張で週の半分家にいなかったため、面倒見ることができず失敗。

2回目のさし芽

去年、切り戻しをしなかったため、細い茎が長くなりすぎてごちゃごちゃになってました。

なので思い切って7割ほどカット。

何がわき芽かいまだに理解していませんが、緑の葉っぱは水揚げをしてプランターへ。

残りの茎はまとめて植木鉢に埋めてみました。

3週間後

プランターのは枯れたものもありますが、まだ青いものもあります。

少し大きくなった気もするので、もしかすると成功したかもしれません。

もう少し様子見です。

全て植木鉢に埋めたほうは、なんと新しい芽が出てきています。

こちらはメネデールすら使っていません。

毎日霧吹きで乾かないようにしながら、ベランダに置いていただけです。

(うちのベランダは日当たりが悪く、一日3時間ほどしか陽が入らないのが吉だったのかも?)

まだまだ、気は抜けませんが、何とか増えてくれるとうれしいですね。

最後に

自分の母はカーネーションをいくら送っても全て咲く前に枯れてしまうそうです。

贈り物が枯れたら悪いと思い、水をあげすぎて根腐れしているようですね。。。

その点、妻は水やりが上手です。スパルタです(^^)/

カーネーションは乾燥に強いので(逆にジメジメした環境は苦手です。)それで正解です。

自分だったら水を上げすぎてしまって腐らせていたかもです。。。

カーネーションを育てるのは、若干難しい部類に入るそうです。(5段階で3番目に難しい。)

うちのカーネーションはきっと強い株になってくれたので、たくさん増えたらみんなに配りたいですねー。

真冬は部屋の中にいれたほうがいいんですが、外にだしっぱなし。福井でも東京でも。。。

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする