映画【ザ・マミー/呪われた砂漠の王女】を見てきました。

トム・クルーズの最新作、「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」を見てきました。

正直、邦題がダサくて(原題そのままでしたが。。。)それで見るのを悩んでいましたが、福井への帰省時に時間が余ったので見てみることにしました。

トム・クルーズ主演、広大な砂漠とロンドンの地下迷宮を舞台にした、スリル満点のアクション・アドベンチャー!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

The Mummuy

1932年に公開された映画『ミイラ再生』をリブートした作品であり、ダーク・ユニバースの第1作目の作品だそうです。

オープニングで「ダーク・ユニバース」というのが非常に目立ったのでなんだっけ?と思っていたのですが、昔のモンスター映画のリメイクをするシリーズらしいですね。

キャスト

主なキャストです。

・ニック・モートン:トム・クルーズ
・ジェニー・ハルジー:アナベル・ウォーリス
・アマネット:ソフィアブテラ

アマネット役のソフィアブテラさん、自分は初めて見たのですが、とても綺麗な方ですね。

小柄な方ですが、中々迫力あるアクションをこなしていました。

                (C)Universal Pictures

ストーリー

トム・クルーズが演じるニック・モートンは米軍の軍人ですが、中東の遺跡を発掘し、小遣い稼ぎをしている子悪党という設定です。

財宝を探して砂漠をさまよっていたところ、たまたま反政府部隊に囲まれてしまいました。そして、追い詰められ、米軍にミサイルでの援護射撃を要請。その結果、遺跡を発見。中には5000年前のエジプト時代に封印された石棺が封印されていました。

封印を解き、それをイギリスに空輸することになりますが、その石棺の中には、邪神セトに魂を売った不死身の王女が封印されており、ニックに邪神セトを憑依させようとします。

という内容です。

感想

女王に襲われた人は、生気を吸われてゾンビ化しますが、主人公のトムクルーズだけはセト神を憑依させるため、かっこいいままです。。。

トムのための映画ですね(^^)/

ただ、瞳が二つになるのは結構印象的ですね。CMでも非常に気になりました。

そして、アマネット役のソフィアさんが美人ですね。

ただ年齢制限がかからないようにするためか、まだ体がきちんと復活していないときには、顔の一部にモザイクがかかっていたり、メイクの文字が多かったりでよく見えなかったのが残念。もうちょっと素顔が見たかったです。

動画

公式動画です。

最後に

映画が始まる前のCMでトム・クルーズが実在した麻薬の運び屋に扮する新作映画、『American Made』の予告編がありました。

2017年9月29日全米公開予定だそうです。

もう別の作品の予告が出てるってすごいですね。。。

8/14にはMISSION:IMPOSSIBLE 6の撮影で全治数か月の怪我をされたようですが、(早く治ってほしいです。)同時に何作も撮影しているのかな?

タフですね。。。1962年生まれなのに。。。

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする