【映画】鋼の錬金術師の実写化

鋼の錬金術師の実写版の情報が公開されていました。
 
原作の雰囲気、そのままの映像でびっくり!! 
 
hagane161116

『鋼の錬金術師』 ©2017 荒川弘/SQUARE ENIX ©2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

スポンサーリンク
レクタングル大広告

鋼の錬金術師

鋼の錬金術師とは、2001年にスクウェア・エニックス 月刊「少年ガンガン」で連載がスタート。2010年に連載を終了した漫画家・荒川弘さんの代表作です。

アニメ版は妻と一緒に見ており、二人そろって大ファンです。

(この人の作品はほかにも「農民貴族」や「銀の匙」などがありますが、大変面白いです。)

(ストーリー)

錬金術という科学が発達した世界。
亡き母の「人体錬成」の代償として左足を失った国家錬金術師のエドワード・エルリックと兄同様、「人体錬成」の代償で体を全て失ったが、兄が鎧に魂を定着させて一命を取り留めた弟の「アルフォンス・エルリック」の二人による元の体に戻るための旅の物語です。
そのうち、二人は神秘の力を持った「賢者の石」の秘密に巻き込まれていきます。

実写化

「鋼の錬金術師」の実写化のニュースは聞いていましたが、あまりに気にしていませんでした。

なんかいまいちだと思えば、見ないつもりだったので。

でもトレーラーが公式ページで公開。

映画『鋼の錬金術師』公式サイト。大ヒット上映中!国民的超人気コミックがついに完全実写映画化!

なんでも世界観が似ているイタリアでロケをしたそうです。

2016年6月にイタリアでクランクイン。イタリアは一か月間。残りは日本国内で8月26日クランクアップしたそうです。

なんと弟はフルCGだそうです。公開は2017年冬なので、今からCG作成や合成を作成していくみたいです。

ちょっと短い映像でしたが、期待できそうです。

キャスト

エドワード・エルリック:山田涼介(Hey! Say! JUMP)

アルフォンス・エルリック:CG

機械鎧技師・ウィンリィ:本田翼

ロイ・マスタング:ディーン・フジオカ

です。

まとめ

監督は曽利文彦さんです。

自分はあまり知らないのですが、ジェームズ・キャメロン監督の『タイタニック』でCGを手掛けた映像のスペシャリストだそうです。

あのCGも当時は度肝を抜かれましたね。当時大学生でした。とても迫力のある映像で違和感なかったですね。(今はCGに目が肥えてしまいましたが。。。)

日本映画は今、「シンゴジラ」、「君の名は」ととても勢いがあるので、それに負けないぐらい良い作品ができるといいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする