ワイルド・スピード ICE BREAKを見てきました。

ワイルド・スピードの最新作を見てきました。

※日本では、2017年4月28日から公開しています。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

ワイルド・スピード

ワイルド・スピードは毎回派手なカーアクションが売りの映画で、今回で8作品目となります。

前回の7作目の制作中に主人公であるブライアン・オコナーの俳優「ポール・ウォーカー」さんが事故でお亡くなりとなり、作品の公開が危ぶまれていましたが、無事公開されました。
その続編となります。

あらすじ

※若干ネタバレがありますので、見られる方はスキップしてください。

CMにあるとおり、今回のラストは原子力潜水艦です。
キューバから始まり、舞台はロンドン、NY、ロシアと移っていきます。

キューバで、ドミニクとレディがハネムーンを満喫していました。
そこに、サイファーと名乗る人物がドミニクに接触して、自分の部下になれとある画像を見せます。
そして、ドミニクは仕方なく彼女の部下となり、自分の仲間(ファミリー)を裏切っていきます。
そのドミニクを止めようと奮闘する仲間たち + 前回のラスボスであるデッカード

という流れとなります。

感想

キューバは非常に楽しそうな感じですね。一度行ってみたいものです。

初版のカーチェイス後、中盤までカーチェイスがなかったので、ちょっと寂しかったですが、終盤にかけては迫力のあるカーチェイスを楽しめます。

前作の飛行機から飛ぶシーンでもうこれ以上のものはないと思いましたが、リモートで動く車の大群は迫力がありました。

と、おすすめの1作です。

ただ、ブライアン一家がでてないのは残念ですね。。。

池袋HUMAXシネマズでご覧になる場合の注意

今回は池袋のHUMAXシネマズで見てきました。

現在、サンシャインシティカードを持っている場合は、池袋HUMAXシネマズで500円割引になる特典があります。

窓口でカードを提示して購入するものだと思っていたのですが、事前にホームページからチケットの購入をしないと割引してもらえません。

公式ページだとそこまで表記されていなくて分かりにくいですね。。。

以下の池袋HUMAXシネマズのお知らせから購入画面に行けるようです。

事前購入する必要があることを知らずに、通常料金で見てきました。少し残念です。

今後行かれる方は、ご注意を!!。

最後に

伏線を張って終わったので、9作品目もありますね。

非常に撮影にはお金がかかっているそうです。

ベントレーとかひっくり返ってましたが。。。本物でしょうか??

※ベントレーとは数千万円する車です。

見る方としては、大迫力で壊れる車を見ていると爽快ですが、車メーカーの人からはどうなんでしょうね。

売れればいいと思う人も、使用用途が違うので悲しむ人もいるのでしょうか?

次回作も楽しみにしています。

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする