映画「バイオハザード ザ・ファイナル」を見てきました。

「biohazard the final」を見てきました。

日本先行でアメリカでは2017年1月27日に公開だそうです。

先行なんて珍しい。。。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

バイオハザードシリーズ

映画版のバイオハザードはカプコンのゲーム「バイオハザード」が原案です。

初期プレイステーションゲームで当時、すごい怖いゲームでした。苦手でした。。

映画は2002年の1stから数えて今回で6作品目。最終回となります。

初回から映画で見ていましたが、今回で最後というのは寂しいですね。

ストーリー(序盤あらすじ)

前作では、宿敵だったウェスカーの援助で、主人公のアリスはアンブレラ社の施設から脱出し、ホワイトハウスに到着。

その後、そこでウェスカーに裏切られ、1stの悪役であったレッドクィーンの助けをうけ、すべての始まりの地、ラクーンシティのハイブに向かっていくというストーリーです。

なぜ、レッドクィーンが助けるのか? また、ハイブに何があるのか?は本編を見てください。

キャスト

アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)
足掛け15年、その間、アンダーソン監督との結婚、二人の子供の出産を挟んでいますが、年月の経過を感じさせないのはすばらしいです。

過去のシリーズでは1stのころの回想を何回か演じていますが、見た目や体型が出産を経た後でもほとんど変わっていないですね。

クレア(アリ・ラーター)
3作目、4作目に続き、登場。ばたばたと仲間が死んでいくこのシリーズでは唯一の生き残り。

ウェスカー(ショーン・ロバーツ)
3,4作目では敵役、5作目では味方?6作ではやはり敵?

レッドクイーン(エバー・アンダーソン)
1stシリーズ以来の登場?
レッドクイーンを担当したのはミラ・ジョヴォヴィッチとアンダーソン監督の長女、エバー・アンダーソンだそうです。将来が楽しみです。

エバー・アンダーソンちゃんは初めての女優業だそうで、難しい役を見事にこなしています。

お母さんのミラとはファッション誌の表紙を飾ったそうです。

コバルト(ローラ)
日本の芸能人のローラが出演。出番が少なかったので、役の名前は最後のテロップで知りました(>_<)。

アイザックス(イアン・グレン)
アンブレラ社の社長にして、ストーリー全体の黒幕。

感想

相変わらずの迫力あるアクション、大変面白かったです。

特に主人公役のミラは自分たちよりも年上なのに、あれだけのアクションをこなせるのはすごいです。

まずストーリー展開ですが、最初ウェスカーに裏切られたところから始まるのですが、その辺の描写がないので、最初戸惑いました。
ホワイトハウス周辺が廃墟と化しているのですから。。。

全体のストーリーとしてはきれいに纏まっており、なるほどなーと思います。
細かいところは結構強引な展開ですが。。。足掛け15年なのですから仕方ないです。

今回のみどころ?として期待していたローラですが、非常に短く残念です。

ただ、役も見事にこなしていたし、自分は吹き替え版を見たのですが、吹き替え版もローラ本人で吹き替えたそうです。

見どころといえば、PVでもありましたが、ガソリンをビルの上からぶちまけて火を放つのは迫力あります。どうやって撮影したのでしょうか?

結末はほぼハッピーエンドです。まだ、アリスの旅は続きますが、映画はこれで終わりです。

それは残念ですね。

最後に

15年にわたっての長編 かつ、話が続いている作品というのも珍しいと思います。
あっても、ストーリー的には繋がっていないのがほとんどです。

次回作も楽しみですね。
そのうち、また親子3人で映画を作ることでしょう。

ただ、アイザックに施されていたあの機能拡張していたソフト?うらやましいですね。

時系列的には、1stが始まる前から実用段階にあったようです。
死にかけても復活するなんて、便利(^^)/

とにかく、この映画はおすすめです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする