太子堂八幡神社の御朱印 ネットで爆発的人気に?

太子堂八幡神社のGWの限定御朱印がカラフルでかわいいということをネットで知り、さっそく貰いに行くことにしました。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

太子堂八幡神社

太子堂八幡神社は、東京都世田谷区にある、誉田別尊(ほんだわけのみこと=応神天皇)を御祭神とした神社です。

  • GW限定の御朱印×2
  • 境内にいる「幸せうさぎ」に子供が生まれた記念御朱印(2種類のうち、1つだけ)
  • 5月5日限定の弁天祭の御朱印

と4点の限定御朱印をもらうことが出来ます。

御朱印とは

もともとは、お経を書き写すして寺院に納める「納経」の証しとしていただくものでした。

現在の御朱印は、神職の方や住職が御朱印帳や納経帳に参拝した年月日、寺社名を墨書きし、朱印を押しています。

寺社によって個性があり、バリエーションが豊富で、それを御朱印帳という専用の帳面に書いてもらい、コレクションすることが一部の人で人気となっています。

自分は2,3年ほど前からやっと始めました。

京都のお寺に行くとよく御朱印をもらっている人がいたので気にはなっていたのですが。。。

場所にもよりますが、御朱印は1つ300円~500円で書いてもらえます。
いままで、御朱印は参拝した記念として貰っていたのですが、今回初めて御朱印を目当てに参拝することにしました。

太子堂八幡神社の行列

事前調査せずにのんびりと14時ぐらいに参拝すると、すでに200人ぐらい?の行列が。。。

最後尾のあたりに近所の人がいて

「あたなもネットをみてきたの?」

と聞かれました。

話を聞くと、今までこんなに人が来ることはなかったそうです。

(19時ぐらいに会った近所のかたは、「去年並んだのは私ひとりだけだよ!!」とおっしゃっていましたが。。。)

自分が見たネットのブログを他の人も観たのでしょう。。。

17時から用事があったので、2時間ぐらいで貰えるといいなーと思ったのですが。。。。

甘すぎました。。。

受付が終わったのが、20時。

御朱印をもらったのが21時30分。

延べ、7時間30分。

長すぎ。。。

しかも昼はお天気がよく、薄着だったのですが、夜は冷えてきて。。。

風邪をひかなくてよかったです。。。

17時からの用事は一緒にいた友人と妻に任せてひたすら待つことに。

18時ごろ、神主さんが券を配っており、

「明日以降来てもこの券があれば、今日までの限定御朱印を書きますよ」

と言われたのですが、明日また並ぶのも往復するだけで2時間弱かかるので、待つことに。

正直、神社の方もここまで人が来ることは想定していなかったのでしょう。

自分たちが御朱印をもらった21時半の時点で、まだ受付自体が終わっていない人が20名ほど。受付終わって待っている人が30名ほどいました。

御朱印を書く人が2名、受付が1名、神主さん1名の4名のみで自分が見ていた間、神主さん以外休憩していないように見えました。

5月6日も明日に廻した人がたくさん来るかと思いますが、頑張ってください。

御朱印と幸せうさぎ

幸せうさぎの子供が生まれた記念の御朱印は友人とそれぞれ別々のものを貰いました。

最後に

さすがにここにはまだ外国の方はいらっしゃらないみたいです。

ほぼ日本人だけだったと思います。

そのうち、御朱印も外国の方に広がるのでしょうか?

今回で、御朱印がたくさん集まりました。

今使っている御朱印帳は京都の上賀茂神社でなんとなく購入したものです。
今度はもう少しおしゃれな御朱印帳にしたいですね(^^)/

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする