初めての川越まつりに行ってきました。

川越まつりに行ってきました。

去年も誘われたのですが、妻の調子が良くなく、次回ということで。

今年は先週のF1観戦の疲れがとれず、日曜の午後にさっと見ることにしました。

本当は夜の「曳っかわせ」が本番で盛り上がる為、土曜の夜がいいんですが、力が入らず。。。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

歴史

元々は1648年に川越藩主である松平信綱が、氷川神社に獅子頭や神輿などの祭礼道具を寄進したことに始まるそうです。

それから3年後、神輿行列が出来て、長い間に今の規模になったそうです。

川越散策はまだしたことがなく、また、恥ずかしながら川越藩っていう藩があったことも知りませんでした。

この祭りは例年100万人前後の人々が来るみたいですね。

かなりの規模ですね。三社祭もだいぶ人が多かったですが、こちらも多い。

dsc09320

市役所前の山車巡行

日曜の午後の時間には、山車が巡行していました。

たまたま、最初にみたのは神輿でしたが、山車がメインなのでしょうか?

dsc09315

一番混雑している本川越駅~札の辻までののんびり散策しました。

この交差点では4台の山車があつまっていました。

dsc09325

山車の中にはお面をかぶった人や太鼓をたたいている人がいます。

dsc09332

挨拶をしているそうです。

dsc09342

段々天気も良くなってきました。

dsc01994

暗くなるとライトアップされるみたいです。

dsc02143

獅子舞に頭をかじられている子供がいました。

良いことがあるとのこと。自分もご利益が欲しかった。。。

dsc02141

山車もたくさんでしたが、それ以上に人が多くて。。。中々前に進めませんね。

何より驚いたのは、露天の数。どこに行ってもずっと露天がありました

花火大会とかでみる露天は一か所にしかありませんが、ここの数はすごい。

三社祭とか仙台の七夕まつりも人がたくさん来ていますが、こんな数の露天はなかったですね。

関東出身の友人が「じゃんけん飴 なつかしい!!」と言っていましたが、北陸出身の自分と東北出身の妻はよくわからず?

露天も地域でちがうのでしょうね。

曳っかわせ

夜になると本番。

山車どうしが出会うと正面を向き合わせて、激しく提灯などを乱舞させるそうです。

残念ながら今回は見ずに帰りました。

その夜の「曳っかわせ」の動画が上がっていたので、貼っておきます。

街並み

川越の街並みは初めて見ました。

小江戸と呼ばれるところがあるとは聞いていたのですが、なかなか機会がなく。。。

実際に見てみるといい感じの建物がたくさんありますね。

その前に人が多すぎて、満足に見ることが出来ませんが。。。

歴史のありそうな建物ですね。

dsc01960

dsc01964

かえる神社がありました。人の流れがあったため、お参りできず。。。

dsc01922

青い建物はりそな銀行だそうです。

雲がいい感じになってますね。

dsc01976

「時の鐘」というそうです。

パンフレットでは工事中になっていましたが、きれいですね。

そういえば、川越駅の改札口にも小さい「時の鐘」をモチーフにしたオブジェがありました。

dsc02025

人ごみの中、疲れたところで立ち寄ったカフェのケーキ。

意外と待たずに入れてラッキー。

dsc02071

ここは珈琲ショップのようです。

良い豆があるかも?別な日に来てみましょう。

dsc02078

いい夕焼けです。

dsc02094

dsc02096

ちょっとわからないのですが、有名なわんこ?

たくさんの人が写真を撮ってました。

dsc02098

まとめ

ちょっとだけしかいませんでしたが、雰囲気は味わえました。

範囲と規模が大きいため、熱気がたのし

友人の先輩は「祭り未亡人」だったそうです。

旦那が祭りの準備で忙しく、構ってもらえないから?

いまは自分もまつりの準備で忙しいそうですが、そんな言葉があるとは。。。

来年は土曜日の夜の曳っかわせを見たいと思います。

また、川越では毎月、8日、18日、28日は「川越きものの日」ということで着物だと割引されるそうです。

妻と友人とで着物で散策してみたいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする