新海誠監督の他の作品も見てみました。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

新海誠監督の作品

新海誠監督の最新作、「君の名は。」

非常に面白かったですね。

作品としては知っていたのですが、なかなか見る機会のなかった以下の

・秒速5センチメートル

・言の葉の庭

の2作品を見てみました。

短編集で賞をもらったところまでは知っていたのですが。。。

秒速5センチメートル

この作品は短編の3話で構成されています。

第1話 桜花抄(おうかしょう)

仲の良い主人公「貴樹」と「明里」の小、中学生のころの話。

「秒速5センチメートル」というのは、明里が貴樹に教えたもので、桜の花びらの落下速度だそうです。。

二人は仲が良かったのですが、小学校の卒業をして二人は栃木と東京で離れてしまいました。そして、ある日貴樹が栃木の明里に会いに行くという話です。

東京の風景や、電車が緻密に描かれています。このころからそういう作風だったのですね。

雪で遅延する電車、携帯のないころのもどかしさ、遅れていてもずっと待っている明里。

どれも魅力的に書かれていましたが、ちょっとストーリーの方向性がよくわからなかったですね。
その後、二人は小屋で一晩を過ごし、キスをして分かれました。

次の話が楽しみですね。

第2話 コスモナウト

なんと、主人公の貴樹は種子島に転向していました。

サッカーもやめて弓道部。種子島では普通なのか高校生でバイク(カブ)で通学。
貴樹に恋をしてるが、思いを伝えられない「澄田」と送信しないメールをただ打ち込む貴樹との学生生活の話です。

ここでもロケットの打ち上げシーンが迫力ある映像で描かれていました。
なぜ貴樹がメールを送信しないかは不明でしたが。。。

第3話 秒速5センチメートル

いよいよラスト。

貴樹はもう社会人になっています。
仕事もやめ、以前付き合っていた人とも別れたあとの話です。

明里ではない人と付き合っていたそうだが、「1000回メールしても、心は1センチくらいしか近づけなかった」と言われています。
貴樹はひたむきに仕事をし、気づくと何も残っていない自分に気づき、仕事を辞めたようです。
小学校のころ歩いていた踏切で女性とすれ違い、振り向きましたが、丁度電車が来て、通り過ぎた後には女性はいなかったところで終わっています。

女性はおそらく明里で1週間後に結婚式を控えているそうでした。

電車が通り過ぎなければ!!

とか考えてしまいますが、もんもんとした状態で終わってしまいました。

悩ましい。。。

言は葉の庭

主人公の孝雄は革靴の作成が趣味の東京在住の高校生。

雨の午前中は高校を無断で午前休し、新宿御苑でスケッチをする生活を送っています。

ある日、お気に入りの場所に向かうと先客の女性(雪野)がいました。

その女性の仲良くなっていく話です。

とにかく、新宿御苑の雨が凄くきれいに描かれています。

新宿御苑には2回だけ行ったことがありますが、それでもすぐにそこだとわかりますね。

主人公は革靴を作るのに、色々な工具を使ったり革を買いに行ったりしています。
自分も革細工をするので同じ工具を持っていたりして、非常に親近感を持ちました。非常に描写が細かいです。

最後はその女性の正体もわかり、

卒業したら女性に会いに行こう!

というところで終わります。

きっと雪野さんに手作りの革靴を渡していると思います。

あと、エンディングテーマ「Rain」いいですねー。

泰 基博さんですね。聞くのはドラえもん STAND BY MEの「ひまわりの約束」以来ですが、いい歌手さんですね。

まとめ

全体として、

・風景の描写が細かい。

・都会と田舎(山々)のギャップがきれい。

・主人公とヒロインが遠距離にいて、移動する描写がよい。

・ハッピーエンドまで書かれていない。

全6作作成されているので、残り3作も見てみたいと思います。

そして、細かい革細工の部分の描写を見ていて、また、革細工を作りたくなってきました。

最近ちょっとお休みしていたので。。。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする