超高速参勤交代リターンズを見てきました。

超高速参勤交代リターンズみてきました。

妻との話し合いの結果、公開初日に行くことに。

だったら舞台挨拶のチケット取っておくんだっだ。失敗。。。

最寄りの映画館だと小さいところでしかやってないので、新宿ピカデリーで見てきました。

2014年にスマッシュヒットを記録した『超高速!参勤交代』。「超高速」で続編が決定!あの個性豊かな貧乏弱小藩が帰ってきた!映画『超高速!参勤交代 リターンズ』2016年全国公開

スポンサーリンク
レクタングル大広告

超高速参勤交代リターンズ

この作品は2014年に公開して大ヒットとなった「超高速!参勤交代」の続編です。前回は藩存続のため、5日で江戸まで参勤交代をするというストーリーで「金なし」、「時間なし」、「人なし」、「邪魔者あり」という感じでした。

今度のストーリーは

・前回の参勤交代の帰り道(まだ前回の参勤交代終わっていなかった。)

・湯長谷藩で一揆が勃発。帰る城がない。

・前回の半分、2日で帰らないといけない。

 (飲まず、食わず、眠らず、休まず、止まらず。)

・金がない。(前回の片道分でお金ゼロ)

・人もいない。(やはり帰りも大名行列必須)

・前回の悪役老中の復活

・湯長谷藩のメンバー6人、お尋ね者として指名手配

・幕府軍1000人 VS 湯長谷藩7人

結構、事前情報がでてますね。ここまでは見ていませんでした。

今回は新しく

・大岡忠相(吉田新太さん)、諸坂三太夫(渡辺裕之さん)、柳生幻道(宍戸開さん)、森極蔵(中尾明慶さん)など魅力ある俳優さんによる新しい登場人物を増えています。

前作をもし見ていなくても話が分かるような作りになっているので、見てない人もそのまま行けば楽しめると思います。

感想

内容の詳細はまだ見てない人もいるので、詳細は書きません。

・最初にタイトルが「参勤交代」となっていますが、参勤部分はすぐに終わってしまいました。2倍の速度で戻らなければいけないので、仕方ないことではありますが、少し残念でした。

・前作同様、内藤政醇(佐々木蔵之介さん)が「強い」、「仲間(部下や民たち)を見捨てない」、「聞いてて心地よい方言」がいいですね。

・元々、2011年3月の震災を契機に作成された作品だそうです。
 まだ中々原発の後始末が終わらず、苦しんでいる福島県民の助けになるといいです。

・正直、一揆で苦しんでいる湯長谷藩を周りの藩が内藤政醇の人徳で助けにいくのをちょっと期待していたんですが、そうはならなかったようです。

・時と場所を考えない内藤政醇とお咲(深田恭子さん)のイチャイチャぶり・ラブラブにはくすり。やはり女性には回りくどくではなく、はっきり言わないと満足しないものです。

・大岡忠助が出てきたとき、会場で笑いがこぼれました。
自分は、去年までやっていたNHKの大岡忠助(東山紀之)があまりにスマートだったため、思わず笑ってしまったのですが、他の人はどうでしょうか?

結果ですが、笑いあり、友情あり、ロマンスあり、アクションありで非常に楽しめた作品です。
これで福島に興味を持ってくれる人が増えることを祈っております。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする