Macは持ってないけど、windows10に仮想MacOSを作成してみました。【その1】

MacBookに急に気になり始めて、「もう買うしかない」と思ったのですが、実はMacOSは触ったことがありません。

どうせ買うならば、ある程度のスペックは欲しいと思うのですが、使ってみたいという理由だけでは20数万円は思いきれず。。

と思って入ると、MacOSをwindowsの仮想OSとして使用できるという記事を見かけました。

本当にMacOSが使いやすいのか試してみたく、挑戦してみました。

すこし前の記事なので、色々バージョンが変わっているようですが、その時の備忘録です。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

MacOS

アメリカで行われた調査によれば、そのWindowsユーザーの21%がMacへの移行を検討していることが明らかになっています。

これに対して、Apple端末ユーザーの中でWindowsへの乗り換えを検討しているユーザーの割合は、なんとわずか2%でほとんどが乗り換えを検討していなかったそうです。

(GIGAZINE(ギガジン)より引用)

という記事を見かけました。

なるほど!!と思いました。

元々、Unixからコンピューターの世界に入り、windowsに移行してきたので、長年意味もなく反Mac派でした。

「マウスボタン1つしかないなんてありえないわーー」

と20年ぐらい前に思ってました。そのころのunixは3つボタンマウス。

ただ、日本ではiPhoneユーザが多いです。

スマホアプリを作る場合、まず最初にiOS版を作ってAndroid版を作ります。

iOS版しかないアプリもたくさんあります。

ITエンジニアとしては、iOSぐらい使えないとだめなんでは?と思い、最近主流になってきた仮想OSでMac環境を作ってみたくなりました。

仮想OS

仮想OSとは昔からありましたが、物理パソコンのOSの中にさらに別のOSを入れてもう1台のPCとして動かすものです。

仮想OSは複数作ることができ、PCのリソースに影響されますが、複数台同時に起動することもできます。

また簡単にバックアップが取れるので、新OSのテストやアプリのテスト環境が簡単に用意できます。

実際のパソコンだと設定おかしくなったら戻すのは大変ですが、仮想OSならばバックアップから一瞬で復元可能です。

最近のパソコンは個人用でも高スペックですので、1台ぐらい仮想OSを入れてもリソースは足ります。

クラウド

クラウド化が急速に進んでいる現在、クラウド上に仮想OSを入れたサーバを作成して、業務を行う会社が増えています。

簡単にサーバを追加、削除でき、かつ、リソースも有効活用できるので便利なんですよね。

実機を持つ必要もないので、資産にもなりません。

契約を終了すれば何も残らない。。。

仮想用のソフトウェア

業務用で仮想化するソフトウェアやOS、サーバはたくさんありますが、個人用では、主に

・Hyper-V

・VMware

・VirtualBox

などがあります。

今回は、業務用でも使用しているVMwareの無料版(個人使用に限り)を使用していきます。

用意するもの

  • VMware Workstation 12  Player 12.5 (使用したのは12.5.7)
  • Unlocker 2.0.7
  • Unlocker 2.0.8
  • Mac OS X Snow Leopard (10.6.3)(DVD)
  • Mac OS X Mountain Lion
  • インテル バーチャライゼーション・テクノロジーに対応したCPUを搭載したPC
    (CPUがi3以上ならほぼ動くと思います。)

上記があれば、最新の「macOS Sierra」までアップデート可能です。

Macが一台もない場合は、MacOSは2つのバージョンが必要です。

それぞれ2,400円でアップルストアで購入出来ます。

トータル4,800円とちょっとした手間暇でMacOSが使用可能なんて、便利になってました。

OS Xの最新バージョンは、OS X 10.9 Mavericksです。OS X Mavericksは、Mac App Storeから無料でダウンロードできます。Mac OS X 10.6 Snow Leopardを購入する必要がある場合は、このページから注文できます。

OS X Mountain Lionが、Mac App Storeからダウンロード可能になりました。DockのMac App Storeアイコンをクリックし、Mountain Lionを購入したら、画面に表示される指示に従ってインストールを実行してください。Mountain LionはMacをさらに進化させるだけでなく...

インストール

実際の準備 および、インストールは次の投稿で説明したいと思います。

次に続く。。。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする