マキネッタのモカ・エクスプレスでコーヒー生活

マキネッタとは小型のコーヒー抽出器のことです。

マキネッタの代表として有名なのが、イタリアのビアレッティ社の「モカ・エクスプレス」です。

自宅でエスプレッソやカプチーノを淹れるときは、この器具を使っています。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

エスプレッソメーカー

名前の通り、エスプレッソの抽出用の機械(器具)です。

エスプレッソとドリップコーヒーの違い

エスプレッソは通常、9気圧程度の圧力をかけて、熱湯20~30ccを20秒~30秒で素早く抽出するコーヒーです。

普通のドリップコーヒーと比べて9気圧もの圧力をかけて抽出する為、コーヒーがお湯に溶けやすく、濃くなります。

しかし、深煎りの豆を使って、短時間で抽出する為、カフェインは少なくなります。

(浅煎りと比べて、深煎りの豆は、カフェインの含有量が少なくなります。)

ドリップコーヒー以外はエスプレッソを使う場合が多いです。

カフェラテとかのコーヒー部分はドロップコーヒーではなく、エスプレッソが使われています。

(スタバとかはドリップコーヒーもエスプレッソ並みに重たいですが。。。)

エスプレッソメーカー

エスプレッソメーカーには大きく2種類あります。

「電気式」と「直火式」です。

電気式エスプレッソメーカー

ポンプを使って空気の圧力をかけて抽出します。

通常、カフェなどで業務用に使われるのはこのタイプになります。

機器のサイズはさまざまで、家庭用の小さいものもあります。

直火式エスプレッソメーカー

直接、コンロ等の火にかけて、水蒸気で圧力をかけて抽出します。

電気式に比べて圧力は2気圧程度しかありません。

そのため、クレマと呼ばれるコーヒーの泡がほとんど出ませんが、手軽に作れます。

本場イタリアでは、ほぼ全部の家庭にあるとか。。。

大阪のたこ焼きプレートと同じような感じなのだろうか。。。?

モカ・エクスプレス

モカ・エクスプレスは、直火式になります。

非常に種類が多く、自分は3カップと6カップを使っています。

それぞれ、カプチーノが1杯 または、2杯入れられるので、一人用と妻との二人用で使い分けています。

(1カップ~9カップまであります。)

使い方

STEP1.バスケットに珈琲の粉を詰めます。

STEP2.下の入れ物に水をいれて、バスケットをセットします。

STEP3.上部分を付けて、ガスコンロに置くだけです。

しばらくすると下の容器の水が沸騰し、上の部分に上る際にバスケット部分を通過して、コーヒーが抽出されます。

あとは、そのままエスプレッソで飲むか、ミルクを泡立ててカプチーノで飲むかですが、妻とカプチーノにすることが多いですね。

抽出後はコーヒーの粉部分は結構硬くなり、掃除が少し大変です。

お手入れ

水洗いのみです。

洗剤で洗うとコーヒーの油が取れてしまうので、NGだそうです。

コーヒーの油がついていたほうが、今後おいしいエスプレッソが出来ます。

(まだ実感がありませんが(^^)/)

中華鍋みたいですね(^^)/。あれもあまり洗剤で洗わないと聞きましたが。。。

あと、中に入っているパッキンは消耗品です。

コーヒーが漏れるぐらい劣化したら交換が必要です。

交換用のパッキンも普通に購入できます。最近では、本体に交換用パッキンがついているのも売っているようです。

本体

交換用パッキン

最後に

モカ・エクスプレスをネットで見て一目ぼれして購入後ですが、京都のカフェに行ったらたまたま同じモカ・エクスプレスでカプチーノを入れてくれるお店がありました。

この器具がそのまま出てきたときは驚きましたね。全く同じでしたから(^^)/

【cafe】自家焙煎珈琲カフェデコラソン
初めて京都御所を見てきました。 大通りの広さすごいですね。砂利で舗装されていますし、古都っていう感じです。 その、京都御所の西側、とらや...

妻が健康を考えて、コーヒーの飲みすぎには反対なので、毎日飲むことは出来ませんが、週2回ぐらいは一緒に飲みたいですね。。。

まだ家族にしか振舞ったことがないんですよね。

いつか友人たちにも振舞いたいです(^^)/

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする