ネスカフェのバリスタiが我が家に来ました。

ネスカフェのバリスタ iを妻の母からいただきました。

家で本格的にハンドドリップでコーヒーを入れる前は、ネスカフェのドルチェグストを使用していたので、同じようなイメージでいました。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

バリスタiとドルチェ グストを比べてみました。

バリスタi

バリスタiとは、専用のカートリッジを使用しますが、中身はインスタントコーヒーになります。

インスタントコーヒー自体、久々に飲むのですが、どうしてもドリップ珈琲より味が劣って感じます。

ただ、コスパは非常にいいですね。一杯20円ぐらいです。

洗う部品が少ないとありましたが、毎日洗うのは、4部品と結構、多いです。。。

インスタントなのに、コーヒー(左)の泡の量を変更できるのはすごいですね。

右には、前ハンバーグを作るのに買ったブライトが入っています。(^^)/

【ありえへん世界】で安いひき肉で高級ハンバーグを作る方法を公開
11/22の関ジャニ∞の【ありえへん世界】を見ていたところ、 ・外国産の安いひき肉で作成した98円のハンバーグ ・高級ハンバーグ(1つ1...

Bluetoothでスマホから機器を操作できるのですが、

  • XperiaXZでは、そもそも機器を認識できない。
  • Asusのタブレットでは、操作可能だが、操作できない時もおおい。

と、使用するにはちょっと癖があるアプリですが、コンセプトは面白いですね。

ドルチェ グスト

ドルチェグストも、専用のカプセルを使用しますが、カプセルの中にコーヒーの粉がはいっており、ドリップコーヒーのような味わいを楽しめます。

また種類の多く、いろんな飲み物があります。

コストは50円~になります。(種類によっては、カプセルを2つ使うものもあり、金額が倍になる場合もあります。)

ドリップコーヒーですので、味はおいしいです。また、洗う部品も非常に少ないです。

タンクに水を入れてカプセルをセットして、電源オンするだけ。

非常に簡単です。

カプセルの種類によって、抽出する量が変わります。

自分の使っていたのは旧型なので、お湯の量は自分でコントロールする必要がありますが、新しいのは、カプセルを自動認識してお湯の量をコントロールしてくれるようですね。

便利になってる!!

比較結果

どちらもハンドドリップなどに比べて非常に手軽です。

金額も珈琲豆専門店で購入するスペシャル珈琲よりリーズナブルです。

ただ、どちらも珈琲を入れる行為の楽しみがありません。。。

自分は豆を挽き、ハンドドリップ または、直火式エスプレッソメーカー

でコーヒーを入れています。

まだまだ未熟ですが、入れる行為自体が楽しいんですよね。

↓これが直火式のエスプレッソメーカーです。ガスコンロに直接かけます。

しばらくは、

・さっと飲みたい場合はバリスタi

・本格的に飲みたい場合は、ハンドドリップ または、直火式エスプレッソ

で使い分けてみたいと思います。

バリスタiのカスタマイズ

以下のサイトでバリスタiでの飲み方のカスタマイズ方法が説明されていました。

簡単なボタン操作で5種類ものメニューをコーヒショップに負けない味で楽しめる、日本で一番売れているコーヒーマシン…

たくさんの人に使用されている機械なので、皆さん色んな入れ方を研究しているようです。

一通り、全部の種類を試した後、自分も研究してみたいですね。

最後に

コーヒーは好きなのですが、

・体に良くない(胃に悪い)

・体にいい(死亡リスクを下げる)

といろんな意見があります。

自分は胃腸があまり良くないのですが、

「一日3杯までの珈琲は体に良い」

という研究結果を信じたい。。。

職場でも珈琲を飲みながら仕事をしているので、一日3杯ぐらいだと夜、家でも飲める。。。

まあ余計なストレスが一番体に悪いので、楽しみながらコーヒーを飲みたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする